【サラリーマンで年収1000万】稼げる人と稼げない人の決定的な理由を教えます。

【サラリーマンで年収1000万】稼げる人と稼げない人の決定的な理由を教えます。

 

誰しも一度は年収1000万円を目指したいと思う事ありますよね。

しかしそのほとんどの人が年収1000万を超えることが出来ず、諦めてしまうのではないでしょうか?

ではなぜ、年収1000万を超えることが出来ないのか?

それにはサラリーマンで年収1000万を稼げる人と稼げない人では決定的な理由があるからです。

 

その理由はとてもシンプルで、「年収1000万を稼げる会社にいるかどうか」だけです。

では年収1000万を稼げる会社はどこなのか?その理由は?

そして、どのような業種なら年収1000万を稼げるのか?

さらに、年収1000万円稼ぐにはどうしたら良いのか?

 

上記を深堀していきます。

 

 

年収1000万を稼げる会社にいますか?

①あなたは今、年収1000万円を稼げる会社にいますか?

②あなたの勤めている会社の社長の年収はいくらですか?

 

 

この質問にあなたはどう答えるでしょう?

①の答えがYESであれば、あなたは稼げます。

しかしNOなら絶対に稼げません。年収1000万を稼げない会社にいる限り稼げるわけがありません。

 

 

 

では②の質問にはどう答えるでしょう?

②の答えが1000万をはるかに超える額であればあなたにもチャンスがあります。

しかし、社長の年収が1000万前後だった場合、あなたにチャンスはないでしょう。あるとすれば、その会社の社長になったときだけです。

 

すでにお分かりの方も多いと思いますが、組織の中で一番上の人の年収が分かるだけであなたの年収はその人より超えることはないというのが事実です。

 

ですから1000万の年収を目指すのであればその金額を稼げる会社に居なくてはなりません。

 

 

年収1000万を稼げる会社はどこ?

 

スクエアエニックス(スクエニ) 1,640万円
フジテレビの年収 1482万円
日本テレビの年収 1453万円
TBSの年収 1441万円
三井物産の年収 1,413万円
東京海上年収 1,394万円
三菱商事 1358万円
テレビ朝日の年収 1342万円
住友商事 1,309万円
毎日放送(MBS)の年収 1304万円
ミツウロコの年収 1303万円
朝日新聞社の年収 1270万円
テレビ東京の年収 1256万円
GCAサヴィアンの年収 1,244万円
野村證券 1229万円
住友生命の年収 1212万円
福音館書店の年収 1200万円
プルデンシャル 1200万円
小学館の年収 1,195万円
ファナック 1192万円
エーザイの年収 1,182万円
NHKの年収 1160万円
三菱ケミカルの年収 1138万円
SMBC日興証券の年収 1136万円
JX日鉱日石エネルギーの年収 1,110万円
ソニー生命 1110万円
三井不動産年収 1,103万円
三菱地所年収 1,100万円
オンワードHDの年収 1,095万円
ドリームインキュベータの年収 1095万円
伊藤忠商事の年収 1,086万円
国際石油開発帝石の年収 1,086万円
講談社の年収 1,085万円
富士フィルム 1065万円
双日の年収 1,064万円
株式会社WDI 年収 1059万円
野村総研 1050万円
川崎汽船の年収 1,048万円
キリン 年収 1,046万円
シグマクシス 年収 1,041万円
豊田通商 1,040万円
アステラス製薬 1035万円
昭和シェル石油の年収 1,032万円
東急不動産の年収 1029万円
明治ホールディングス 1,021万円
第一三共株式会社 1,017万円
日本商業開発の年収 1,017万円
ヒューリックの年収 1016万円
株式会社WOWOWの年収 1015万円
商船三井年収 1,014万円
武田薬品 1013万円
ジブラルタ生命年収 1,000万円
メタルワン 1000万円

 

 

上記のような企業が実際に稼げる会社となります。

 

なぜこのような会社は年収が1000万円稼げるのかの理由は明確で、1000万稼げる会社で、各企業の社長の年収が1000万円をはるかに超えているからという2点だけです。

 

それ以外に本質的な理由はありません。

 

どのような業種が年収1000万を稼げるのか?

 

  1. パイロット
  2. 医者
  3. 大学教授
  4. 税理士
  5. 公認会計士
  6. 弁護士
  7. 国家公務員
  8. 国会議員
  9. プロスポーツ選手
  10. 中央競馬の騎手
  11. 横綱
  12. 遠洋漁船の船長
  13. YouTuber
  14. ブロガー

 

などです。まだまだほかにもありますが、ここまでにします。

 

あなたが就職できそうな業種はありましたか?

失礼かもしれませんが、ないと思います。もちろん私もありません。

だから、1000万稼げていないのです。

 

どうすれば1000万って稼げるの?

何度も言いますが、答えは明確で1000万の年収を目指すのであればその金額を稼げる会社に就職するだけですw

実際にこれが答えなのですみません。

あえて言うなら意思決定を早く出来る仕事感を身につけることと、誰よりも早く行動できるかどうかだと思います。

この辺りが出来るようになると、自然と役職を与えられていつの間にか高給取りになっているのではないかと思います。

 

でも稼いでる人は忙しいんだろうな?と思いますよね。出来れば稼ぎながらプライベートも充実させたいものです。

そこを目指すなら2000万を超える年収を目指したほうが良さそうです。

 

1000万稼ぐ人の仕事はどのくらいすごい?

実は私は年収1000万を超える方々と仕事を何度かさせてもらいましたが、そこで気付いた点が2つほどありました。

 

年収が2000万を超える方々の仕事はさすがにすごいです。何が凄いかというと、スピード感が圧倒的です。何するにしてもその場で動き出します。

迷っている時間がほぼないですね。「え?本当にいいの?本当に始めるの?」みたいな速度で動きます。

 

例えば、何かビジネスになりそうな話が浮上したらすぐに関係先に連絡して、実行に移していきます。

検討するとか、誰かに確認してとか、改めて打合せして、とかないです。本当にその場でババっと決めて、とりあえずやってみる。そこで問題が発生したらその時に考える。という感じです。こちらが確認する暇なんてありません。

 

そのくらいスピードが速いです。

 

逆に年収が1000万前後の方々は普通の方よりは早いと思いますが、割と安全な動き方です。念のため確認したり、改めて打合せしたりと実際に始まるまでに少し期間をもうけようといます。

 

そして、能力的な事でいうと1000万クラスの方々の中には大した人はいないといった感じです。こんなこと言うととても失礼なのは承知ですが、実際に仕事してみて肌で感じた正直な感想です。(稼いでいない私が言うのは本当に失礼だと分かっています。すみません)

 

感覚的に言うと1000万の人たちは割と忙しそう。2000万の人たちはあまり忙しそうに見えません。

これも実際に感じた感想です。

 

1000万以上稼ぐには

  1. 稼げる会社に勤める事
  2. スキルを身につける事
  3. 自発的に動けること
  4. 意思決定を早くする癖をつけること
  5. 行動力を上げる事

 

この辺りは必須かとおもいます。

 

まとめ

何度もお伝えしてうざいなと思われるかもしれませんが、年収1000万稼いでいる方と稼げない方の決定的な理由は2点しかありません。

 

逆にこの2点さえ分かってしまえばあとはそれに準じて行動するだけです。

 

1000万の年収を目指すのであれば社長の年収が1000万をはるかに超えていて、年収1000万を払ってくれる会社にいることが最大の条件となります。

 

それ以外の会社では到底無理だということはすでに理解できたと思いますので、今からあなたがするべきことは一つです。

 

1000万を稼げる会社に就職することです。

 

 

 

 

 

 

 

 

営業のやり方カテゴリの最新記事