フリーランス営業になっても仕事が無いという現実に苦しみます!【リアル体験談】

NO IMAGE

会社員を辞めてフリーランスとして活動を始めたいと思っている人は沢山いると思いますが、本当に仕事を辞めてフリーランスになることが自分にとっての自由となるかというと現実は甘くありません。

私も実際に会社員を辞めてフリーランスとして活動を始めましたが仕事がなくて全然お金になりません。その一部始終をここに書き記したいと思います。
同じような環境に居る方や、これからフリーランスになる方々に少しでも参考になればと思います。

 

フリーランス営業になって何を売るのか決めていなかった!

まあ、これに関しては私が仕事を勢いで辞めてしまったので売るものを決めていなかったという事になるのですが、正直営業に関しては自信があったためなんとあなるだろうと楽観的に考えていました。

しかし、いざ仕事を辞めてお金を稼ごうと思っても仕事が無いのです。
フリーランスって自由でなんでも売れて、やりたいときに仕事が出来ると思っていましたが、私はバカでした。

会社という組織があって商品を仕入れることが出来て、ある程度の顧客がある中での新規営業ならたやすくできると思います。

しかし、売るものが自分自身以外に無いということはまず信頼もないし、商品を仕入れるお金も、保管する倉庫も何もありません。そんな状態でお金を稼げるはずがありません。

もしも今、フリーランスに憧れているなら必ず売るものを明確にしておく必要があります。

 

フリーランスになるとお金が思った以上にかかる

フリーランスということはお金はすべて自分で管理することとなります。交通費からなにまで、仕事を取りに行くにもお金がかかります。

その交通費もバカになりません。一日だけなら問題ないかもしれませんが、毎日となると莫大なお金がかかります。

こういった会社員の時には分かっていたようなこともフリーランスになると初めのころは嬉しくて無駄な動きが多くなります。かならず明確な目的をもって行動しないとお金がいくらあっても足りません。

 

フリーランスになったら仕事を意地でも見つけるしかない。

仕事が無い私がやったことはまた別の時に記事にしようと思いますが、思いつくことは何でもしました。もともと付き合いのあるお客様に連絡したり、業者に連絡したりして、何とか仕事をゲットしようとなんでもやりました。

出来るだけお金をかけずに、商品を売れる仕組みを作り、販売するまでの仕組みを構築して何とか生きていけるようにならないといけなかったほどの状態でした。

もちろんネット上での仕事や、ライターの仕事もあったのでそっちをやりながらでしたが毎日が不安で不安で眠れない日が何日も続きました。

本当にフリーランスは苦しいです。会社員ほど楽なことはありません。

ですので、これからフリーランスになりたい人は必ずやっておくべきことがあります。

 

それは、貯金を300~500万ほど貯める。会社員である状態で副業として給料並みの収入を作る。物販の場合は、商品仕入れから販売、物流までの仕組みを構築しておく。

以上の事を踏まえて動き出さないと、本当に生活出来なくなります。

そうなる前に、事前準備をしっかりとしたほうがいいと思います。

営業のやり方カテゴリの最新記事