自分の天職を探す事に気を取られすぎて、適職を見逃していないか?

自分の天職を探す事に気を取られすぎて、適職を見逃していないか?

 

自分にとっての天職とは何だろう。

好きな事も特になく、何がやりたいのかさえ分からない状態で

今の仕事を続けていいのだろうか?

そんな不安や悩みを抱えたまま今の仕事を続けていても良い結果は

出しにくいでしょう。

では、自分の天職を探すにはどうしたらいいのか?

 

自分の天職とは何か?

自分の天職についてはこれから就活を行う学生や、今の仕事に不満を抱えている20~30代の方は

必ず考えたことのあることだと思います。

私も自分の天職は何だろうと散々考えてきました。

その経験からお伝えできるすべてをここでお話したいと思います。

 

そもそも天職とは、周りから何を言われてもやり遂げたいと思えたり

この仕事のために生まれてきたんだ!と思えるような仕事の事です。

 

どうでしょう?あなたにはこのような仕事がすでに頭の中にイメージ出来ていますか?

私にはありませんでした。

 

多分多くの方がそのような仕事をイメージ出来ていないのではないでしょうか。

自分の天職がすでに分かっている場合

自分にとっての天職をすでに分かっている場合は何も悩む必要はありません。

しっかりとその仕事を全うするべきです。

しかし、天職が分かっているとはいえ、資格やライセンスなどを取得しなくては

いけない場合もあります。

 

その資格を取るのがめんどくさいとか、試験になかなか受からない場合、

それは天職ではないと思ってください。

 

この場合はやりたい仕事だったり、憧れの仕事の場合がほとんどです。

本当に天職であれば心の中にネガティブなイメージは一切ありません。

試験だって簡単に受かるレベルの知識をすでに持っていることがほとんどです。

 

本当の天職とは、人生のすべてを捧げても後悔しないと思えるほどの事です。

天職が見つかれなければ適職を探せ

基本的に自分の天職が何かわからないまま就職してしまうことがほとんどです。

これは別に悪いことではありません。

色々な経験をすることで自分が本当にやりたいことが見えてくることも多いので

より多くの経験をすることはとても大切です。

 

ただし、就職して数か月または、1年くらいで判断するのは間違いです。

そのくらいの経験は仕事のすべてを理解する前ですから合っているかどうかの

判断をするには時期が早すぎます。せめて3年は経験をする必要があるでしょう。

 

本気で仕事に取組み、すべてを自分のものにするくらいの気持ちで働いていれば

3年という月日は短く感じます。

それでもこれは違うと感じたら新たな職業にチャレンジするのもいいと思います。

 

ですが、ここで1つ覚えていてほしいのが3年経験してきた職場で何を感じたか?

なぜこれは自分の天職ではないと感じたのか?よ~く考えてください。

 

会社のやり方が気に入らないとか、上司の言ってることが納得できないとか

そういったことで判断しているとしたらそれは大きな間違いです。

この場合は職業を変えるのではなく、独立したほうがいいこともあります。

 

「もっとこうすれば良くなる」

「自分だったらこうする」

このように思えているということはその仕事に対して自分が本気で取り組んでいる

という証です。

本気で取り組むことが出来るならあえて天職にこだわることはせず

適職だと思い、独立することをお勧めいたします。

 

天職と適職のちがいとは

天職は冒頭でお伝えしましたが、適職という言葉もあります。

 

この適職というのは、自分が誇りに思える仕事であったり

楽しい、やりがいがあると思える仕事の事です。

 

仕事のすべてがこのように思えない場合でもその中の1つの業務に対して

やりがいを感じることが出来たのであればそれが適職です。

 

自分の適職が見つかればその仕事に思いっきりぶつかっていくことが出来て

仕事を覚えるスピードは圧倒的に速くなり、会社の不満などかき消せるほどの

強い力と意志が芽生えてきます。

 

こうなってくると会社では欠かせない存在となり、重要な仕事を任されるほどになれるはずです。

 

 

天職ばかりに気をとられてしまうと、自分の適職さえも手放してしまう事になりかねません。

しっかりと天職と適職を理解したうえで行動することを心がけましょう。

 

まとめ

 

自分の天職を探すことが出来る人は本当にごく一部だと思います。

しかし、適職を探すことは誰にでも出来ることだと思います。

 

なにより、適職こそが本当の天職といっても間違いではないと私は思います。

自分が楽しくて、誇りをもって取り組めるなんてすばらしいことですよね。

 

これを天職という定義に当てはめれば適職と違いはあるかもしれませんが、

自分が人生かけてでも成し遂げたいと思えることは適職でも当てはまることだと思います。

 

24時間いつでも考えていられるほどの仕事にたどり着いたということも

ある意味では奇跡ですから、その奇跡を大事にして、取り組んでいきましょう。

 

 

 

 

 

営業カテゴリの最新記事