30代後半で転職に迷っている人が後悔しないための3つ選択と方法

30代後半で転職に迷っている人が後悔しないための3つ選択と方法

 

 

30代後半になると転職したくても失敗するリスクを考えてしまいなかなか行動できなくなってしまいますね。

私も転職するべきかどうか一年以上迷いました。

そして、フリーランスになることを決めました。

転職することも可能でしたがこのままサラリーマンを続けることに意味を感じれなくなったのでせっかくだから挑戦しようと思い、決意しました。

 

ですが、正直な、収入の事を考えると転職やフリーランスになることを迷うのは当たり前です。

ですから後悔しないために私がいろいろ勉強したり経験したことをもとに、後悔しない転職の選択と方法をお伝えします。

 

給料の選択

今の給料に満足ですか?

転職すれば90%の確率で給料は減るでしょう。

それでも転職をするかどうかの判断をするためには自分の価値を調べる必要があります。自分の価値は世の中でどのような評価を受けるのかを試してみるだけでも転職することは遅くないと思います。

 

 

 

悩んでいる時間があるなら、今できることをやってみることが大事です。

 

市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)! 

 

普通は転職するのに面接からスタートですがミイダスなら経歴や資格などを記入して無料エントリーすることが可能ですので、とりあえずエントリーだけでもすることをおススメします。

今より給料が下がるリスクを取ってでも転職したいと思うなら、必ず転職するべきです。30代後半だから、、、などとくよくよしているうちに40歳になってしまいます。

 

ますます選択が減る環境になってしまう前に行動しましょう。

もし仮に、今より待遇のいい企業からあなたに声が掛かったときは必ず確認するべきことがあります。

それは企業の環境です。

 

 

環境の選択

人は環境適応能力というものを持ち合わせていますが、ほとんどの人はこの能力を発揮できることがありません。

なぜなら、隣の芝生は青く見えるからです。

環境に適応する能力があるのなら、今の環境で十分満足し、力を十二分に発揮できるはずです。それが出来ないということは能力を発揮できていないということになります。

 

今の環境が恐ろしいほど劣悪なのであれば、今すぐ環境を変えることをすすめます。今以上に精神をすり減らしてまでお金を稼いでも、いつか体を壊し、収入もゼロになってしまう恐れがあるからです。

それならいっそのこと、転職して給料が下がっても、自分が心地いいと思える環境に身を置くほうが間違いなく幸せです。

 

もっと言うと「人はやらなくてはいけない環境に放り込まれると、自然とできるようになります」

これは私が経験したことですが、どんな厳しい環境でも自分がやらないとどうにもならないような場面に出くわすといつもの自分が嘘のように、能力が開花されます。

そして、その経験を数多く繰り返すことで人は成長できるのです。

ですから、サラリーマンからフリーランスというポジションに環境を変えることで自力でお金を稼がなくてはならない環境が作られます。

 

そうすれば、考える暇もなく稼げることをひたすら模索し、実行することが出来るようになります。

私も今もがいてますw

 

その様子はこちらでご覧ください。

会社を辞めてフリーランスで稼げるようになるまでのリアルを語ります【一か月目】

 

 

独立の選択(フリーランス)

冒頭でもお伝えしましたが、私はフリーランスになることを選択しました。

その理由は簡単で、今より稼ぎたいと思ったからです。

特にスキルや何かを持っているわけではありませんが、環境を変えることで自分が成長できる状況を強制的に作りました。

 

そうするとみるみる不安が…。しかし自分に出来ることをとにかくやりまくることで少しづつ光は見えてきます。

サラリーマンが飽きてきた30代後半の人にはこの選択もありだと思います。

人脈や経験、知識など沢山のものを社会で培ってきたはずです。そのすべてをここで解放することが出来れば、幸せな人生が手に入るのではないでしょうか?

 

 

 

給料が増える方法

転職せずに給料が増えたらいいなと思うのは当然のことだと思います。

ただ、そう簡単に給料が上がることはないと思います。さらに言うと、社会ではお金の話をすると「金だけの奴」と言われます。

 

でもよく考えてください。企業は利益を追求してますよね?

利益が無ければ倒産します。倒産するとどうなるか?

  1. お客様が困る
  2. 取引先が困る
  3. 社員が困る
  4. 銀行が困るなどなど

 

利益を出し続けないと困るのは社長はもちろん、周りに関わる全ての方々が困るのです。だから会社はお金を求めるのは当たり前ですよね?

あれ?でもさっきお金の話すると「金だけの奴」って言われるってありましたけど、それって悪いことですか?むしろ当たり前のことではないですかね?

 

だから、正直に言いましょう。

お金もっと欲しいです!!!!って。

 

会社は評価して昇給させるなんていいますが、あんなのはまやかしです。

自分が頑張ているのであれば、「もっと給料上げてほしい」ときちんと言いましょう。嫌な奴と思われるかもしれませんが、本心で伝えるべきです。

それでも給料を上げてくれないのであれば、あなたは正当な評価をしてくれる会社ではないのかもしれません。(自分の力を過信するのは違いますよ。。。)

 

給料を上げてくれ!これが一番手っ取り早く給料を増やす方法です。

 

一応、そんなの無理という人向けにもう一つ方法をご紹介します。

 

それはブログやアフィリエイトサイトで副収入を得るということです。

給料を増やすということから考えると少しズレるかもしれませんが、実際のところ会社の給料をベースアップする方法を考えるより、収入個所を増やすことのほうがよっぽど早く実現できます。

 

アフィリエイトについてはググればいくらでも出てくるのでここでは省きますが、たとえば初心者の方でも稼げるような◆初心者応援アフィリエイト◆アクセストレードなどを使えば可能性は無限大にあります。

 

収入の柱はいくつあっても困ることは有りませんので、少し目先を変えるのもありだと思います。

ブラック企業を見抜く方法

私はブラック企業出身ですwそれもかなりのブラック。

朝4時に出勤して、終わりは夜11時過ぎ。夜9時に出勤して終わるのはお昼の12時過ぎとか当たり前。むしろ早く帰ると怒られる。

もちろん残業代は出ません。

 

そんなブラック企業にいたからこそわかるブラック企業を見極めるコツを教えます。

ブラック企業の判断基準

  1. 社長の口癖が「社員が大事」
  2. 売上を上げろという割に生産が全く追いついていない
  3. 中小企業に労働基準なんで関係ないと怒り出す。
  4. 無能な上司が多い(仕事やらないではなく出来ない)
  5. お前たちに休む暇なんてないと叫ぶ社長(奴隷ですw)
  6. 問題が起きても「いつもの事」といって笑ってる
  7. 自分のミスはすべて部下に処理させる
  8. 従業員同士の仲が悪い

 

ざっとこんな感じです。

一つでも当てはまれば間違いなくブラック企業です。

というより、こういう会社はホワイトからブラックに変わってしまうことが多いと言ったほうがいいでしょうか。

 

ぜひ参考にしてください。

 

もし当てはまることがあるならすぐに転職しましょう!!

ブラックすぎて会社に辞めると言えない!という方はここがおススメ!

 

 

人脈を増やす方法

人脈と聞くと、自分にはそんなに知り合いが多くないと思う方もいると思いますが、人脈はいくつになっても増やせます。

そして、増やす方法は沢山ありますのでご紹介します。

 

  1. SNSでいろんな人と繋がる
  2. 異業種交流会に行ってみる
  3. オフ会に積極的に参加する
  4. 自分でコミュニティーを作る

 

などなど。

 

人と交流を深める為には自ら行動をしなくてはいけません。

それを放棄するようでは人脈なんて作れません。恥ずかしいとか、自分なんかと思うことなく、どんどん絡んでいきましょう。

 

まとめ

30代後半で転職に迷っている人が後悔しないための3つ選択と方法をお伝えしました。

 

多少脱線した話があったかもしれませんが、そこはお許しください。

30代後半になると、自分の考え方を発信することが出来る経験を少なからずしてきているはずです。

逆に、人の声を聴けなくなる年齢でもあると思います。

しかし、年下の若い方達にも立派な方は沢山いますので、ぜひ心を閉ざすことなく広い心をもって受け入れてみましょう。

 

営業転職カテゴリの最新記事