転職して給料が下がっても良い環境で仕事するほうが絶対に良い!

転職して給料が下がっても良い環境で仕事するほうが絶対に良い!

こんにちは。

みなさんは転職しようと考えたことはありますか?

考えたことがあってもなかなか踏み出すことが出来なかったり、もう少し様子見てからなどと自分に理由をつけて

居続けることもしばしばあると思います。

今日は転職しようと考えている方が、本当に転職することが一番良い選択なのか?判断するための方法を教えます

なぜ転職しようと思ったのか

転職しようと思ったということは何かしらの理由があると思います。

しかしその考え方がそもそも間違っている場合は転職しても何も変わりませんので注意してください。

給料が低い

この理由で転職を考える人は多いです。しかし、転職したら給料は上がるのですか?

普通に考えれば給料は下がるか、ほぼ同じだと思ってください。

なぜなら新しい会社に入れば一番の新人ですから、給料が高いなんてことあり得ないですよね?

ヘッドハンティングや、保証給料額がすでに提示されているのであれば別ですが、それほどの力があるのなら

今の会社の上司や社長にダメもとで交渉してからでもいいのでは?

すでに交渉したが、却下されたのであればすぐにでも転職しましょう。

その上司と社長はあなたを低賃金で好成績を出す優秀なロボットとしてしか見ていないでしょう。

逃した魚は大きかったと後悔させてやりましょう。

なぜ自分の給料が少ないと思うのか。

同僚の給料を知っていて感じるのか?ネットで平均給与額などで判断しているのか?

あなたがまだ新人なら少なくても仕方ないことです。大企業と比べれば中小企業の初任給は

大体15~18万前後でしょう。そこから保険やら何やら引かれた手取り額は

学生の時のバイト代からしたら少ないかもしれませんが、全国的に見れば低くはないでしょう。

あなたの給料は全国の平均で出されるわけではなくその会社の給料制度によって

支給されています。

ですので、自社の中で自分の立ち位置と仕事内容、その結果の数字などからみても

少ないと感じるのであれば、上司に相談してみましょう。

もしかしたら、低いのには、低いなりの原因があるのかもしれませんよ。

上司が無能

これも転職理由の多いパターンです。

しかし、上司が無能な場合はむしろチャンスと捉えるべきです。

上司が無能だからやってられないと怒りに任せて会社を辞めるぐらいなら

上司をその地位から引きずり落とすぐらいの勢いで仕事をすれば必ず立場は逆転します。

その際には別の頼れる(別部門やグループ会社)上司に今の現状や環境の事を相談しておくことが大事です。

それがきっかけでその上司があなたを「俺のところでやらないか?」と声をかけてくれることもありますので。

上司が社長の息子もしくは一族(親戚など)の場合は立場を逆転させることは不可能に近いので

一族だけでやってろ!と捨て台詞でも吐いて転職しましょう。

拘束時間が長い

ブラック会社ですね。と言いたいところですが中小企業はもちろん大企業ですら拘束時間は長いです。

これは単純に会社の考え方が間違っていて遅くまで働く人間が偉いという昔の風習が消えていない事と

仕事量に対しての人員が少なすぎるために起こる現象です。

今すぐ辞めて他を探しましょう。拘束時間が長いという正当な理由で退社する人が多くなれば多くなるほど

その会社は考え方を改めるはずです。それを無視するような会社は潰れます。

ただし繁忙期に忙しいのは諦めてください。繁忙期に暇な会社であれば倒産してしまいます。

人間関係が良くない

これは先ほどの上司の話に近いようですが、上司は部署の中に1~2人ですが、従業員はもっと多いですよね?

その従業員同士の人間関係はすごく大事です。いじめがあるような場合はすぐに上司に伝えましょう。

もし伝えても上司から「あの人は仕事できるから辞めさせるわけには…」なんで言われたらその場で辞めてやりましょう。

どんなに仕事が出来ようともいじめをするような人は即刻クビにするべきです。

それが出来ない上司はそのひとの言いなりになっってしまい、ほかの優秀な従業員さえも失うことになります。

いじめをする人の多くは「出る杭は打つ」が美学となっているので自分の立場を維持するためならどんな手段を

使ってでも嫌がらせをするでしょう。その会社に未来はありません。

ただ意見が合わないひとがいるとか、話しにくい人がいるくらいならもう少し考えてみてもいいと思います。

それはどこの会社にもあり得ることですので。

本当にそれでいいのか?自問自答のやり方

本当に今の会社を辞めて転職することが自分にとってベストなのか?

自問自答ばかり繰り返しても答えが見つからないときありますよね?

そんな時に明確に答えが見つかる方法をお伝えします。

今の会社で出来ることはすべてやったか

あなたの抱えている不満、悩み、いら立ちをしっかりと上司に伝えましたか?

直属の上司が原因の場合はその上の上司に伝えましたか?

社長と話す機会が作れないとか、なかなか言いずらいと思うかもしれませんが辞めるつもりなら思い切って

行動してからでも遅くはないはずです。

そのことがきっかけで改善出来たらほかにも同じように考えてる方たちが救われるのでは?

救世主になるつもりで一度話をしてみたらどうでしょう。

それでも変わらないようなら転職するべきです。

転職先でも同じことが言えるか

つぎの会社にはいるのに面接するとおもいますが、その時に「うちの会社は大変だよ」と

言われたときに、大丈夫です。なんて言うようなら今の会社を辞める必要はないです。

結局、転職先でも同じ不満を持つことになり、また転職したいと思うでしょう。

今感じている不満や悩みをほかの会社で言ったらどうなるのかが大事なポイントです。

私も転職の経験があります。

当時、工場で職人の仕事をしていましたが、その会社には営業部がなくこの先どうやって仕事を増やすんだろうと

ずっと考えていました。

そこで思い切って営業がやってみたいと思い専務と社長に相談したところ

うちの会社に営業部はいらないと言われました。えっ?営業しないで大丈夫なの?と不安になり

株主総会に出席した際にうちの会社には営業部が必要だと思います。営業部作りましょうと
(その会社は入社2年で自社株を強制的に買わされるので若いうちから株主総会に出席できました)

数百人の株主の前で二十歳そこそこの若造の私が発言したところ、当然冷ややかな目で笑われました。

それをきっかけに転職を決意しました。

自分の実力を試したいのであれば転職よりも起業をすすめる

営業でトップ成績を残すような人は必ず一度は考えることです。

しかし、自分に実力がどのくらいなのか試してみたいと思い転職したら失敗したという話は少なくありません。

自分ですべてが出来ると思うのであれば会社に所属するのではなく起業したほうがいいです。

誰かの下でやるのではなくあなたが誰かを雇って、あなたがトップとしてやってみてください。

その時の結果があなたの実力です。相当な実力の持ち主であればきっと成功するでしょう。

いや、成功するまでチャレンジし続けることが出来るといったほうが正しいかもしれません。

実力がない方は起業しても、自分のせいではなく環境や従業員に責任を押し付けてしまうでしょう。

それがあなたの実力だと思い知ることもできます。

転職ではなく一度起業してみるのもいいかも?

まとめ

世の中には常識では考えられないブラック企業が多数存在します。

意図的に過剰労働させる会社のあれば、資金繰りに苦しくて仕方なしに遅くまで働かなくては

いけない状況の会社。セクハラやパワハラなど。あってはいけないことがありふれた世の中です。

そんな世の中でつよく生きていくには、いかに自分の意志を強く持ち、周りが何を言おうと曲げない信念を貫くこと。

その意思は個人の感情ではなく企業の将来を見据えた内容でないと意味がありません。

転職する際は、自分の考えだけが先行していないかを考えることも大事です。

転職せずとも改善できることはとても多いはずです。しっかりと考えてから転職しましょう。

営業カテゴリの最新記事